治療と予防

クラミジアに感染して、性器クラミジア感染症となった場合には、男性の場合は泌尿器科・性病科を受診するとよいでしょう。

 

女性は産婦人科・性病科がよいでしょう。
また、オーラルセックスなどで、のどに感染する場合もありますので、その場合には耳鼻咽喉科を受診するとよいでしょう。

 

患部から体液を採取して、クラミジアの有無を調べる検査を受けることとなります。
またクラミジアの存在が明らかになった場合には、テトラサイクリン系、マクロライド系、ニューキロノン系の抗生物質・抗菌剤を用いて、治療が行われます。

 

薬を服用して数日がたつと、症状はなくなるのですが、この時点ではクラミジアが完全に死滅してはいません。

 

およそ2週間程度は、抗生物質・抗菌剤の服用を続けます。患者の素人判断で、途中で服用を止めた場合には、残っている菌に耐性がついて治りにくくなる場合がありますし、再発してしまうこともあります。

 

アジスロマイシン耐性のクラミジア(アジスロマイシンが効かないクラミジア)も増えているのです。

 

性器クラミジア感染症の予防法としては「感染四手いる人とは性交をしない」ということが一番です。
また、行きずりの相手が感染を正直に打ち明けてくれる、とは考えづらいので、いわゆる「ナンパ」は控えることです。コンドームを使用すると、感染が防げます。