自覚症状の乏しさに注意

性器クラミジア感染症の怖いところは「自覚症状に乏しい」ということです。

 

これを「楽だから、いいんじゃない?」と考えるのは、大きな間違いです。感染してから症状に気づいて受診するまで、時間がかかるということにつながるのです。性器クラミジア感染症を治療せずに放置しておくと、クラミジアが性器だけではなく、体のほかの部分にも進行しはじめます。

 

男性の場合には、尿道から透明の膿がでることで、気づく場合もありますが、それでも放置をしておくと、前立腺炎・副睾丸炎(精巣上体炎)・肝炎・腎炎といった病気にかかることがあります。

 

女性は、おりものの量が増えたり、下腹部が痛んだりすることもあるのですが、普段からおりものの増減は多少なりとも、あるものですし、下腹部痛も経験している人が多いため、それほど重大には受けとめない、というケースもあります。
そのうち、子宮頸管炎・卵管炎になり、進行すると骨盤腹膜炎になったり肝周囲炎(Fitz-Hugh-Curtis症候群)をひきおこすことに、つながってしまうケースもあります。

 

また、最も困ることと言っていいのは「妊婦検診で初めて感染がわかった」というケースです。
産道感染により、新生児が結膜炎・肺炎を発症してしまうケースがあるのです。一方で抗生物質を用いた治療を、胎児への影響を考えるとすぐにはできない、というケースもあるのです。