新生児とクラミジア

性器クラミジア感染症にかかっていて、妊娠したという場合、胎児・新生児への影響が心配ですね。
クラミジアの治療には、テトラサイクリン系、マクロライド系、ニューキロノン系の抗生物質・抗菌剤を、2週間程度、服薬するという方法が一般的です。

 

しかし、お腹に赤ちゃんがいる場合、抗生剤の影響が胎児に出ないとは限りませんので、必ず医師の指導を守って、治療を行ってください。
クラミジアが新生児に感染した場合、結膜炎・肺炎を発症することがあります。「妊婦検診で初めて、クラミジア感染がわかった」という場合には、妊娠という事態に直面して、感情が不安定になっている妊婦には、すさまじいショックです。

 

この場合には、夫も妻と一緒に治療を受ける必要があります。
2人ともが感染症を治しておかないと、「移しあい」になってしまいます。このため、性器クラミジア感染症にかかったと気づいた場合には、2人の「感情」の問題はさておいて、すぐに病院へいくことが大事です。

 

しかし、妻の妊娠中に、他の女性と関係を持ったという男性が、正直にそのことを述べるとは、限らない場合もあります。
さらに、男性の側もこのような事態に直面して、パニック状態・放心状態となってしまい、妊娠中の妻を気遣うことができなくなって、結果的に夫婦の仲が壊れてしまうケースも、あるのだそうです。

 

 

先月の妊婦検診で、クラミジアに罹っている事を担当の先生から告げられました。妊娠初期では感染がなかったので、明らかに夫の不貞からの感染です。

 

担当の先生からは、クラミジアは胎児にも影響が出る可能性がある事と治療のために薬を飲む必要があるが、妊娠中期に薬を飲むことでも胎児にも影響があるという事を聞き二重のショックです。夫この事を問い詰めましたが、知らないの一点張り。

 

挙句の果てに、逆切れさえする始末です。もう、夫のことを信じられなくなりました。今月、実家に帰る予定なのですが、そのまま上海に戻らないかなとも考えています。
同じような境遇の方いましたら、アドバイスお願いします。

 

クラミジアは旦那様のせいだけでは有りません。
清潔にしていなければかかります。
下痢が続きそこから感染する恐れもありますので、一概に旦那様のせいには出来ませんよ。
常に、あなたは清潔にしていますか?