性器クラミジア感染症とは

性器クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)によって引き起こされる病気で、STD(性行為感染症)の一つです。

 

性器クラミジア感染症の怖いところは、特に女性は「無症状の場合もある」ということです。
感染を起こしているにも関わらず、放置してしまう期間が長くなるということです。

 

男性の場合には尿道から透明な膿が出ることで、気づくことが多いのです。
クラミジアが体内深部に進行すると、男性の場合は尿道経由で前立腺炎・副睾丸炎(精巣上体炎)・肝炎・腎炎になる事もあります。

 

また、女性の場合には子宮頸管炎・卵管炎になりますし、さらに進行すると骨盤腹膜炎や肝周囲炎(Fitz-Hugh-Curtis症候群)をひきおこすこともあります。

 

また、最大の問題は「不妊」となる可能性があることです。受精卵が着床しにくい、という事態になるのです。

 

妊娠している人が検査を行って、クラミジア感染にはじめて気づく、というケースもあります。

 

この場合、産道感染により、新生児が結膜炎・肺炎を発症してしまうこともあり、また抗生物質を用いた治療が、胎児への影響を考えると「すぐにはできない」ということも、有り得るのです。